海外で大人気のロールアイスが、日本上陸!ハピロールとは?

アイスクリームファンには、待望の商品が今ネット上でにぎわいを見せています。

ロールアイスは、2017年からニューヨークや東南アジアなどの海外で、冷やしたプレートの上でロール状に巻いてアイスクリームを食べることが出来るお店が増えて、インスタ映えも良い話題となっていました。

このことにヒントをえた、日本の「ドウシシャ」という会社が、このロールアイスを自宅でも作れる商品を今年の3月に発売(タブレットタイプ)しました。

商品名は、「ハピロール」といいます。

なんと、この「ドウシシャ」という会社は、
東京証券取引所の第1部上場【証券コード:7483】の会社なんですね。。

このロールアイスブームが到来となると、今後の株価の上昇にも期待できそうですね。

ということで、こちらの「ハピロール」のご紹介をさせて頂きます。

『ハピロール』のネーミング経緯について

ホームパーティや、大勢でわいわいと調理を楽しむをコンセプトに、
HAPI(楽しい)+ROLL(まわす)の2つの言葉を組み合わせて、
HAPIROLLとネーミングされたようです。

【特長】

・形とサイズ

丸い形のものと最近は、タブレット型のものも登場しました。

・2種類のスイーツを楽しめる

ジュースを入れると、簡単にシャーベットができます。
また、生クリームなどでできたアイスクリームの素を入れると
アイスクリームロールができ上がります。

・レシピ付き

自宅で本格的なシャーベットやアイスクリームが作れる
8種類のレシピが付いてきます。

【商品概要】

名称    : ハピロール&タブレット

型番    : DHRL-17,DHRL-18

販売開始日 : 2018年3月中旬(DHRL-18)

希望小売価格: オープンプライス

サイズ(約) : 幅291x奥行き243x高さ32mm

付属品   : レシピ、ヘラ×2本

さいごに

家庭でお手軽にロールアイスが出来て、重宝しそうですね。

一家に一台いかがでしょうか?