遺伝子検査キットによるデメリットとは?受ける前に知っておきたいこと!

最近は誰でも「遺伝子検査キット」というものを使って、簡単に検査を行える時代になり話題になっています。

ひと昔前までは、この検査を行うのに莫大なコストがかかっていましたが、技術革新にともない、コストが100万分の1にまで低下したとまで言われる程です。

お手軽に検査ができるようにはなりましたが、以外に見落としがちなデメリットもしっかりと把握した上で活用したいとおもい記事にまとめました。

そもそも遺伝子検査とは

遺伝子検査とは、遺伝子を解析し、体質や遺伝性疾患のリスクを調べる検査です。

先にも少しふれましたが、技術の進歩に伴い、医療機関をとおさないで
数千円から数万円で受けられるようになりました。

一部特定の遺伝子などの検査には対象外となっているようです。

「遺伝子検査キットでの検査」と「病院での遺伝子検査」の違いについて

ここで重要なポイントとして、

将来きわめて高確率で発症しうる病気の遺伝子検査は、
検査キットによる検査の対象外となります
。」

よって、

すでに発症しているもしくは、遺伝性の病気などに対しての
医師の診断を必要とする対処のためには、病院での検査となります。

一方で、生活習慣病や医師の診断を必要としないものであれば、
遺伝子検査キットでの検査が可能です。

遺伝子検査キットの主な検査項目について

・肥満遺伝子(ダイエット)、薄毛(AGA)、肌質などの体質に関するもの
・多因子性のがんや生活習慣病の発症リスク
・学習能力
・運動能力
・性格

などが主な検査項目になります。

例)肥満遺伝子とあるように、この遺伝子の分析から
その人にあった効果的なダイエットの方法を取り入れるのに
使用されたりします。

遺伝子検査の精度と信頼性・信憑性について

審査基準が設けられていて、
CPIGI認定ならびにCAP認定などの認定基準が存在する。

検査結果は、各社においてリスク推定に異なることがある。

CPIGI認定とは、経産省と連携してNPO法人遺伝情報取扱協議会(CPIGI)
が定めた基準を遵守しながら事業を行っているかを、第三者機関が
審査したうえで、CPIGI認定する制度のようです。

CAP認定とは、米国臨床病理医協会の施設認定を意味します。

遺伝子検査を受けるおもなデメリットや問題点において

遺伝子検査のおもなデメリットとしては、
将来への心理的負担遺伝子差別のリスクがあげられます。

心理的負担:

診査結果が将来病気になるかもしれない?
という不安心理をつのらせます。

遺伝子差別のリスク:

こちらは、情報管理が徹底されて行われていないと
検査結果をもとに保険加入時の審査に落ちたり、
雇用問題に発展してくる問題が発生してくると思われます。

さいごに

まとめになりますが、
遺伝子検査キットでの検査を行う際に注意すべきこととして

一部特定の遺伝子(発症の可能性の高い遺伝子)に対しての
検査には対応していない

・検査結果は、各社において必ずしも一致しない。

・個人情報を提供することになるため、情報管理のしっかりとした会社を選ぶこと。
CPIGI認定を受けている事業者の選択)

上記を踏まえて、おすすめの事業者の販売する商品はこちらになります。

会社名 ジェネシスヘルスケア株式会社(英語名:Genesis Healthcare Co.)

GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス2.0)

商品の購入はこちらから!

360もの検査項目で病気や体質について知ることができる

将来起こりうる病気のリスクなど360項目を調べることのできる遺伝子検査です。

生活習慣病・がん・糖尿病などをはじめ、多くの疾患に関するリスクを調べることができるほか、肌のシミ・シワのできやすさや、どの栄養素で太りやすいかなど体質に関する項目も調べることができます。

また、遺伝子解析は国内の自社研究所で行われており、安心です。

病気のリスクを詳しく知りたい方には、おすすめの遺伝子検査です。

商品レビューはこちらから